感動が薄れてしまった『アナと雪の女王』

先日の金曜ロードショーで『アナと雪の女王』を初めて見ました。さすがディズニー映画ということだけあって、話の内容だけでなく、登場人物の表情や指先などの動き、風景も楽しめました。ミュージカルのような面もあり、これを映画館の大きなスクリーンで見られたらもっとおもしろかっただろうと思います。
エルサの魔法については、1回のミスだけで隔離せず、小さい頃から感情コントロールなどができるようにしておけば大参事にはならなかったのではないかと思いました。最終的にはアナとクリストフが結ばれるのかと思いきや、まさかアナとエルサの姉妹愛がキーだったとは…。
無事に問題解決した後はMay.Jさんの歌う「レット・イット・ゴー~ありのままで~」で締めかと思いきや、流れてきたのはなんと松たか子さんのほうでした。しかも、エンドロールのはずが一般人の映像が出てきて驚きました。子ども達が映っている分には一生懸命歌っているなぐらいに思っていたのですが、芸能人などが出てきた時には「なんだこれ?」と思い、一気に感動が薄れてしまい残念でした。
睡眠導入剤と睡眠薬の違いを紹介